日本PCサービス株式会社様は、パソコン・スマートフォン・デジタル家電などの情報機器や、ホームネットワークのトラブル解決・修理・設定・設置サービスを全国展開されている総合サポート企業でいらっしゃいます。離れた拠点間でもコミュニケーションの手段としてOKWAVE GRATICAを楽しくご利用頂いています。

従業員満足の課題をOKWAVE GRATICAで克服

OKWAVE GRATICAを導入する以前、弊社では「ハッピーポイント」という取り組みを行っていました。従業員満足を高めるため、良いことを行ったスタッフの行動をGoogleフォームに記録して感謝を贈るという取り組みをしていたのですが、担当者が集計し、社内報に掲載するという仕組みだったため、贈ってすぐ本人に届くわけではありませんでした。また、所属部署や自分と相手の名前、ハッピーポイントを贈る理由など、答えなければいけない質問項目が多く、使う人が限られてしまい徐々にハッピーポイントの存在が忘れられていきました。

そんな時、感謝をオンライン上のカードで贈る事ができるGRATICAがリリースされたのを知りハッピーポイントに代わるものになるかもしれないと思い導入させて頂きました。 実際使ってみると、書くのは相手への感謝のメッセージだけで、本人にも直接届く。面白いカードもたくさんありますし、直接届くので手渡し感があります。また社内の感謝のやり取りがGRATICAのTOP画面に一覧で掲載されているので、誰から誰に感謝が贈られているかが分かり、人のつながりが見えて楽しいですね。

インタビューの様子_1

3つの方法でGRATICAの利用を活性化

導入当初は社内でGRATICAの認知が高くなかったため、ほぼ利用されていない状態でした。そのため3つの対策でGRATICAを徐々に浸透させていきました。

1つ目は、社内にGRATICAのポスターを掲出すること。まずはGRATICAを知ってもらう事が大事なので、全国の直営店内にポスターを貼り、GRATICAの文字やコンセプトだけでも視界に入るようにしました。

次に取り組んだのは社内報でGRATICAを紹介することです。最初は社内でやり取りされたカードを一覧にして紹介していただけだったのですが、“贈った人”と“贈られた人”にインタビューし、GRATICAを通じて得られた実体験を掲載するようにしました。“贈られた人”の声の中に「贈る人のカードを作成する手間や時間をかけてもらっている事を想像すると、普通に感謝されるよりもうれしかった」等の言葉があり、それらの声を読んで「自分も使ってみたい」という人が徐々に増えていきました。

そして3つ目は、未登録者に直接「使ってみて!」声をかけることです。新しいシステムや取り組みはログインが最初のハードルなので、直接声をかけ、みんなが贈っているカードの一覧を見てもらい、興味を持ってもらいます。GRATICAでは管理画面上で本登録を行っていないユーザーが分かるようになっていますので、興味を持っていただけたらそのタイミングで再度本登録のログインメールを送り、登録していただきます。これらを繰り返して行った結果、本登録が終わっていないユーザーを当初より減らすことができ活性化につなげる事ができました。

利用できる環境が整い、最初の1人にカードを贈ると徐々に「あの人にも贈ってみよう」となり利用の促進につながっていきます。

インタビューの様子_2

遠隔地同士でもGRATICAでコミュニケーション

弊社はパソコンやスマートフォンのトラブルを全国規模でサポートさせて頂いているのですが、全国で拠点が13箇所あり、それぞれにサポートスタッフと事務スタッフが配属されています。事務スタッフは所属している拠点だけでなく全国のサポートスタッフを支援することができるため、遠隔地間でGRATICAを通じて感謝のやり取りがされています。例えば神戸のパソコン修理担当スタッフから、埼玉の事務スタッフへの感謝が贈られたり。

さらに、GRATICAではダジャレカードや可愛い動物のカードがあるとほっこりするというか、もらって一層うれしい様です。

その他、拠点のスタッフから管理部や情報システム担当者といった異なる部署間でのやり取りされているのを見ていると部署関係なく「ありがとう」を言える会社であることや、会社が円で繋がっていることを感じられるので、導入してよかったと思いました。

インタビューの様子_3

利用が活性化されることで従業員満足につながる

GRATICAを導入した当初は数枚やり取りされている程度でしたが、その時と比較すると現在は贈られるカードの数が圧倒的に増えました。それにより従業員同士で「ありがとう」と言い合える関係性が作れたと感じています。自分のもらったカードを見直していると、自分の行為が周囲に感謝されたと感じる事が出来ますし、それが従業員満足につながっているのではないかと思っています。

個人的なお話ですが、私が朝出社してまずやる事は、GRATICAの画面を立ち上げる事です。「今日はどんなカードが届いているかな?」という楽しいルーティーンワークを行っているのですが、皆さんにも是非もっとその楽しさを味わって頂きたいです。

この記事をシェアする